新宿の総合武道、護身術、合気道、古武道、居合道の教室は天真流兵法 護身術合気道源心会

創始代表紹介

  • HOME »
  • 創始代表紹介

創始代表

豊崎円空就保(とよさきえんくうなりやす)プロフィール

物心つく以前から父親に相撲で鍛えられ武道の基礎をつくり、1971年(昭和46年)6歳の時に(財)合気会本部道場で合気道を始める。
9歳ごろから合気道のルーツに興味を持ち合気道開祖 植芝盛平翁や他武道の研究を開始。
13歳の時にはすでに相撲において当時の合気道の指導者もかなわないほどつよくなり、大人に交じり稽古を続けた。
稽古の相手はほとんどが合気道の指導者で激しく稽古をつけられた。
大学の頃から指導を始め、多くの指導者、師範に技を指導。武道普及のため海外10か国以上遠征。
武道の名人 有川定輝先師に師事、先師の遺志により膨大な資料、秘伝奥義を託され継承。
有川定輝顕彰会を設立、代表に就任。
居合道は居合の名人 佐川博男範士より夢想神伝流を奥伝まで学び、佐川範士より「名人」とお褒めの言葉を頂いた。合気道、居合道、空手道等10流派以上修行研究。
刀剣(研ぎし)木刀(木刀師)につき学んだ。丹田呼吸法、礼法、能、骨董など日本文化を学ぶ。

2003年(平成15年)天真流兵法 護身術合気道源心会を創始。

2010年(平成22年)豊崎整体院開業

2011年緑龍にいざなわれ京都 眞名井神社で開眼。

天地人陰陽霊気の和合を会得。

格闘技と武道の画像ソフト(株)クエストよりDVD「合気道の真理 植芝盛平」「合気道の真髄 有川定輝」「合気道の奥義 植芝盛平」の企画、監修、出演。現在「合気道の和合 豊崎円空就保」(仮題)を製作中。CD「圓音」(仮題)enku&侍‘S発売予定。

20代後半から数年にわたり合気道、居合道の普及目的として渡航、その中で国からアラブ諸国に派遣されヨルダン国宮廷にて演武した。
またIBM世界大会で護身術合気道を講習。
プロアクティブ会長ご子息に護身術合気道を個人指導。
ICU国際基督教大学で指導したこともある。
雑誌新聞等メディアに掲載される。
長年の武道修行より天地人陰陽霊気の和合を会得。
その理合から整体術を開発し、豊崎流気療法(TMN法)を創始。
豊崎整体院を開院。
現代医学ではあきらめられた原因不明の病気の方など、海外、地方から多数来院されている。
 

武道、武術、武芸の延長線上に整体術、芸術がある。
作詞作曲をしてバンド活動で日本の伝統文化「日本の音霊」を普及活動している。
DVD「合気道の真髄」で作詞作曲、ギター、ボーカルでデビュー。
時間の許す限り仏像彫刻、木刀制作、袋竹刀制作、ギターへの彫刻、絵画、書道、パワーストーン・アクセサリー制作、皮工芸などをてがける。

ご挨拶

武道には興味があるけど始めるには、少し敷居が高いかなと思われる方が多いかもしれませんが、あまり気にしないで始めてみませんか。

運動出来る服装なら誰でも簡単に始められます。

基本を学びながら、実践に役立つ護身術を身に着けていきます。

危険をどうのように回避出来るかを考えていきます。

そして日本の文化に重点をおいているので、ただ体力をつけるだけに汗をかくだけでなく知識や歴史を学んでいきます。

掲載メディア

 

*「護身術合気道にチャレンジ!」
2010年3月5日小学館少女コミック
「ショウコミ」7号レポ漫画「突撃!!コミ娘チャンネル」に漫画になって掲載

↓出版社のリンクはこちら↓

*2007年11月27日
「武道を気軽に体力にあわせ」
日本経済新聞夕刊 夕&Eyeに掲載

*2009年4月11日
日本経済新聞夕刊に掲載

↓出版社のリンクはこちら↓

*武道専門小冊子
「撃剣藝術」第2号
「合気会を陰で支えた武士(もののふ)」
文武館出版に掲載。

↓出版社のリンクはこちら↓
文 武 館

「めざせ健康美人!!注目の武道
護身術合気道に挑戦!」
2006年10月5号主婦の友社
「Mina ミーナ」Cafe隊が行くに掲載

↓出版社のリンクはこちら↓

出演DVD
「有川定輝 合気道の真髄」
↑詳細・ご購入はこちら↑

出演DVD
「植芝盛平 合気道の真理」
↑詳細・ご購入はこちら↑

出演DVD
「植芝盛平 合気道の奥義」↑詳細・ご購入はこちら↑

歌手/enku &Samurais
曲/Samurai Rock Shi
作詞・作曲/なぎらじょーじ

TEL 03-3386-3403 TEL 090-2724-5492 受付時間10:00〜20:00
お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © 天真流兵法 護身術合気道源心会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.