今は昔の話となりました。

これは私が尊敬する先生の一人、日本拳法の森良之佑先生から色々ご教授頂いた時の一部です。

森先生も色々苦労されたので親切にしていただきました。

森先生曰く「あんたみたいに若い実力者はみんからうさん臭く思われ、嫌われるよね。私が東京に出てきて苦労していた時に植芝盛平先生が助けてくれたんよ!だからね~このご縁とご恩は次の武道界をになうあなたに返すんよ!武道の世界ね!兄弟子だったり、先輩だったり、師範だったりしてもね~10年もたつとライバルになるよ!よっぽど上の人が立派でないとね!あんたなんか子供の頃から合気道やってるから早い時期からそれはあったんだろうね!だからみんなで潰しにかかるんよ!でも頑張りなさい!私は老体で先は短いかもしれないけどあなたの味方だし応援してるから、日本の武道はあなたの肩にかかっているよ!辛いだろうけどがんばり!」と励ましていただきました。

いや~本当に涙が出るほどうれしかったです。

確かに私は高校時代から稽古で指導者達に泣かされるほど激しく稽古をつけられました。

そうよく考えると10年はたってますからね~まだ高校生だったけど。

強くなればなるほどいじめられるんですね~まあそのお陰でどんどん強くはなっていきましたけど。

とにかく強くなりたかった!

当時の指導者達は10歳から15歳ぐらい上ですね~年は上でも合気道歴はあまり私と変わらないですからね~いじめてもいじめても付いてくるのでだんだん怖くなったんでしょね!

そんなことで、わざと顎の骨を折られたり、両手が使えない技で頭から畳に叩きつけたりして頸椎損傷したりと、いじめ抜いて指導者が自分を強くみせようとしたんでしょね~

武道の名人 有川定輝翁のように技術がないから、とにかく私が強くなるとプレッシャーをかけて自分の下に置いておきたかったんですね~

力だけでやってくると体力が落ちたり、力が衰えると受け身だけに頼ってしまうんです。

だからよく「もっと軽く受け身をとれ!」と言われ、投げる方の指導者が格好良く見えるように受け身をとりました。

ですから今回のDVDでは受け身を派手に格好良く取らないようにして撮影しました。

受け身をとってくれた彼も「先生の合気道って本当に効くんですね!他の合気道みたいに受け身がわざと飛ばないといけないかと思っていました。」と口を滑らせていました。

昨年出す予定だったのですが、いろいろありまして、今年中にはDVDを出せると思います。

タイトルは「豊崎円空就保 合気道の和合」になると思います。

世界が変わるDVDになりました。

楽しみにしてください!

 

天地人陰陽霊気の和合を会得。 中野区野方の東西医学を超えた神秘の技術、豊崎整体院です。 海外、地方からも来院、オンリーワンの技術、フェイシャルエステも効果抜群。  日本伝統芸能、武道の秘伝奥義を伝授 天真流兵法 護身術合気道源心会 創始 豊崎円空就保。

ダルマ仙人 豊崎円空就保のブログ

東西医学を超えた技術 豊崎整体院
天真流兵法 護身術合気道源心会 
enku & 侍’s 「師」

■豊崎円空就保監修、出演のDVD販売
植芝盛平 合気道の真理
有川定輝 合気道の真髄
植芝盛平 合気道の奥義

協賛
格闘技と武道の画像ソフト株式売社クエスト
求道文化を追求する会アストックサロン
和の薫る楽器店ハナムラ楽器
丹田呼吸法から日本を考える養根塾
不動産における資産形成株式会社イストプランナーズ