これは居合の名人 佐川博男先師からお聞きした話です。

佐川先師が太平洋戦争で戦地に行かれことは知る人ぞ知ることです。

稽古が終わるとお茶を飲みながらみんなで話をするのですがその時に話されました。

ちょっと福島弁の残る話し方でこう語られた。

「そうだな~昔な~・・・戦地でジャングルの中を行軍していると前方からガサガサと音がしたんだ。

敵が来たなと息を殺して身構えた。

すると向こうから敵らしき兵隊が見えた。

向こうも一人、こっちも一人・・・・向こうは偵察隊だったようだ。

やるか・・やられるか・・・

敵の若い兵隊の青い目がわかるほど近づいた・・・目と目があった・・・

すると敵は『うん』とうなづきゆっくりとさがり・・・

そして何かを大声で仲間に伝えて去って行った。

やるかやられる考えた・・・ほんの数秒だよ・・・・ん~やっぱり人間だな~・・・敵だとわかってもお互い殺し合いはしたくなかったんだろうな~

敵は彼の背後に仲間がいたようだから撃ち合いになればやられてただろうな!

・・・・不思議なもんだな~、ん・・・・

まあ~戦地に行くと色々なことがあるよ!

やっぱり普通の状態じゃないからな!

でも殺し合いするところで命の大切さというかな~、

ん・・・・

・・・やっぱり嫌なもんだよ・・・」

と語られた。

本当に貴重な話です。

この話を読んで何を感じるかはその人によって違うでしょね!

拳銃を使ったことがある人は分かると思いますが、引き金ひいただけで人の命を奪ってしまうことが出来るという武器、単純な動作・・・怖いです。

戦争、戦地という常時死と向き合っている環境は今の私たちにとって普通ではありません。

命の大切さを感じさせられました。

 

天地人陰陽霊気の和合を会得。 中野区野方の東西医学を超えた神秘の技術、豊崎整体院です。 海外、地方からも来院、オンリーワンの技術、フェイシャルエステも効果抜群。  日本武道の秘伝奥義を伝授 天真流兵法 護身術合気道源心会 創始 豊崎円空就保。

東西医学を超えた技術 豊崎整体院
天真流兵法 護身術合気道源心会 
enku & 侍’S「師」

■豊崎円空就保監修、出演のDVD販売
植芝盛平 合気道の真理
有川定輝 合気道の真髄
植芝盛平 合気道の奥義

協賛
格闘技と武道の画像ソフト株式売社クエスト
求道文化を追求する会アストックサロン
和の薫る楽器店ハナムラ楽器
丹田呼吸法から日本を考える養根塾
不動産における資産形成株式会社イストプランナーズ