enku&侍’S 侍ロック 「師」(この音霊には龍神、阿弥陀三尊、普賢菩薩、弘法大師空海、蓮如上人の功徳があります。)

今は昔の話。

武道の世界こんな人ばかりではないと思いたいけどね~本当に困ったちゃんの話です。

この師範は私より一回りぐらい年上かな~九州の大学卒業して指導者として合気会の職員になった人なんだけど、当時私は6年生ぐらいかな~まあ~子供だから他の指導者たちが「○○ちゃん」なんて彼のことを呼んでいると真似しちゃいますよね~

そんなことで暫く我々子供たちは「○○ちゃん」なんて呼んでいました。

そんな恨みもあったのかな~私が大人になって一緒に呑むようになると、からみ酒になることが多かったです。

稽古も一緒に良くしましたが、あまりいじめられることはなかったですね~彼からは!

まだその時代はアルハラ、パワハラという言葉がない頃です。

ん~30年前ぐらい前からか~彼は性格的にねちっこいっていうのかな~ヘビ年だから?

ある時、有川定輝翁を交えて一緒に呑んでいた時に、有川定輝翁からその師範に「お前は何年から合気道始めた?・・・そうか・・・じゃあ~お前、豊崎の後輩だな!年も段も上だけどな!お前は豊崎の後輩だからな!分かったな!」と言われていました。

今は彼も8段になってるのかな~

それからかな~アルハラ、パワハラがもっと酷くなったのは!

またある時みんなで呑んでいると、彼は力では私にかなわないのは分かっているので、突然後ろから「お前はなんでみんなから、内の指導者たちに慕われるんだよ!」と怒鳴りながら、私の後ろから灰皿やビール瓶を投げてきた。

当たらなかったから良かったですが、私もちょっと頭に来たので話に行こうとすると、皆に止められ仕方なく帰りました。

そう言えば、相撲協会でもこんな話がありましたね!確か同じカラオケでの話だ!

合気会の職員の後輩たちへもアルハラ、パワハラが酷かったのでみんなから嫌われていましたね~

こんなんじゃ~どうしょうもないですね~

そんな経験があるので、今の人たちがアルハラ、パワハラで悩むのはよくわかります。

師範、指導者、会社だったら上司かな、上に立つ人間は正しい導きが必要です。

この師範みたいに私より一回り近く年上なのに、こんな態度では人間失格です。

でも年下の人も年上、先輩、上司を敬うこと、上下関係を大切にすることも大切です。

これが「武士道」ではなく「もののふの道」なんですね~「御恩と奉公」ですね!

御恩がある分だけ奉公するということです。

お世話になった分だけお返しする。

もしもそんな人が会社にいたら、少しぐらいはお世話になっているでしょうし、年上ということで敬意を表し、その分だけお付き合いするという感じでしょうか~

そして基本的にお互いを人間として尊重する気持ちが大切です。

年長者や先輩に敬意をはらいながら接して、人として尊敬できなければ付き合いはそこそこにする。

年長者、先輩というところだけに敬意をはらう態度をとる。

例えば、敬語で話すとかね~

年長者、指導側に立つ人間は年齢や立場だけで人を掌握しようとしない。

こういう時代が令和なのかと思う。

もう「武士道」的な主君への一方的忠誠、絶対服従という時代から脱却していかないとね!

実力主義的なところも認めますが、お互いに敬意をはらいながら、目上の人に一目をおくことが大切なのかな~そして合議をもって運営していくことかな~独裁的にならないでみんなで良い方向へ向かっていくことが重要なのかと思っています。

 

 

天地人陰陽霊気の和合を会得。 中野区野方の東西医学を超えた神秘の技術、豊崎整体院です。 海外、地方からも来院、オンリーワンの技術、フェイシャルエステも効果抜群。  日本伝統芸能、武道の秘伝奥義を伝授 天真流兵法 護身術合気道源心会 創始 豊崎円空就保。

風雲児ダルマ仙人 豊崎円空就保のブログ

東西医学を超えた技術 豊崎整体院
天真流兵法 護身術合気道源心会 

■豊崎円空就保監修、出演のDVD販売
植芝盛平 合気道の真理
有川定輝 合気道の真髄
植芝盛平 合気道の奥義

協賛
格闘技と武道の画像ソフト株式売社クエスト
求道文化を追求する会アストックサロン
和の薫る楽器店ハナムラ楽器
丹田呼吸法から日本を考える養根塾
不動産における資産形成株式会社イストプランナーズ