enku & 侍’S 「師」(この音霊には龍神 阿弥陀三尊、普賢菩薩、弘法大師空海、蓮如上人の功徳があります。

今は昔の話。

これも居合の名人 佐川博男範士がよく話をされていました。

佐川先生の亡くなられたあとも博心館は続けられているようですが、どうなのかな~?

3年ぐらいで、佐川先生より夢想神伝流を奥伝まで学びました。

あれは稽古中だったかな~終わってお茶飲んでるときかな~

夢想神伝流の中伝・・・いやいや佐川先生から中伝、横雲を習っている時ですね!

佐川博男範士曰く「中伝 横雲は、一般には左足を後ろに引いてやっている人が多いけどね~あれは違うんだよ!いつの間にか中伝に前なし、なんて言う人たちが多くなってね~昔、私が習ったときには、右足を前に出していたんだよ!中伝には、技を最初から最後まで切らないで連続してやる稽古があるんだが、それをやるときは同じ位置ですべてやる為に一本目の横雲だけが、通常と違えて左足を後ろに引くようになったんだな!でもそれだけが残って、中伝に前なし、なんて言うようになったんだ!皆教える方が知らないからな~だからこれはしっかりと覚えておきなさい!右足を前に出すより、左足を後ろに出す方が楽なんだろうよ!出来ない人ばかりが指導者で残るから、本物が消えていくんだろうな!真伝を継承出来る人は一握りになってしまうんだな!だから駄ものが多くなり、いつしか駄ものが勢力を持ち、それがいつの間にか主流になってしまう!ん~しかたないかな~」と。

居合の名人 佐川博男範士直伝の横雲です。

佐川博男範士は普段の稽古はこの動画のように指導されていました。

演武の時は、全日本居合道連盟の規定にあうようにされていました。

佐川先生曰く「あんな演武みたいにノロノロ稽古していても仕方がないだろ!実践じゃあ、敵にやられないように、敵の動きに合わせて動かなければ駄目なんだ!刀に血なんかつかないから、血振りなんかも必要ないし、残心だって敵が動くようだったらとどめを刺せばいいんだ!格好ばかりつけても仕方がないんだ!」と。<参考1>
<参考2>

だから稽古の時は、ささっとされていました。

他の道場から時々稽古に来る人がいると、佐川道場の速さについて来れないで、もたもたしていましたね!

佐川先生が「もたもたしないでしっかりついて来い!」と励まされていました。

ただ審査の為の演武の練習のときは、「もっとたっぷりやりなさい!」と指導されていました。

博心館でもどこまで佐川先生の技、魂が残っているのか分かりませんが、大きな団体のなかで迷走しているのかもしれません。

本当に不思議なもので、大勢の人が間違ったことをしているとそれが主流になって、自分が師から習ったものをいつの間にか忘れてしまいます。

多勢に無勢ではないですが、自分の師から習ったものを守ることが出来なくなるんです。

それを貫き通すこと・・・どうでしょうか?

何を信じるか!?・・・・・・信じるか信じないかはあなた次第です!

有川定輝顕彰シリーズ3 「植芝盛平 合気道の奥義」(豊崎円空就保 監修、出演)

天地人陰陽霊気の和合を会得。 中野区野方の東西医学を超えた神秘の技術、豊崎整体院です。 海外、地方からも来院、オンリーワンの技術、フェイシャルエステも効果抜群。  日本武道の秘伝奥義を伝授 天真流兵法 護身術合気道源心会 創始 豊崎円空就保。

風雲児ダルマ仙人 豊崎円空就保のブログ

東西医学を超えた技術 豊崎整体院
天真流兵法 護身術合気道源心会 

■豊崎円空就保監修、出演のDVD販売
植芝盛平 合気道の真理
有川定輝 合気道の真髄
植芝盛平 合気道の奥義

協賛
格闘技と武道の画像ソフト株式売社クエスト
求道文化を追求する会アストックサロン
和の薫る楽器店ハナムラ楽器
丹田呼吸法から日本を考える養根塾
不動産における資産形成株式会社イストプランナーズ