enku&侍’S 「師」(この音霊には阿弥陀三尊、普賢菩薩、弘法大師空海、蓮如上人の功徳があります。)

これも今は昔の話です。

居合の名人 佐川博男範士9段との話です。

そうあれは私が全剣連の段の審査に落ちた時でした。

佐川博男先師も私があまり段位に拘っていないのを知っていましたが、「まあ~豊さん4段受けてみるか?あなたは全剣連の段なんてどうでもいいだろうし、豊さんはそんなもの超えてるからな!でもやってみるか!」と言うことで審査を受けました。

私も全剣連の段位に興味がなかったので、審査規約みたいなものがあることも知りませんでした。

審査を受ける時は袴と道着が同じ色を着用するということが規定だったそうです。

私は白の道着に紺の袴でした。

その格好で会場に行くと、佐川道場の仲間が集まってきて「豊崎さんこの道着だとまずいですよ~私の道着貸しますから着替えてください!」と・・・。

「えっ!そうなの~じゃあ~受けないで帰るよ!」と言ったんですが、皆さんの好意は素直に受けようと思い着替えました。

結果は当然不合格でした。

後で聞いた話ですが、実は刀にも問題があったようです。

私の刀は刃渡り2尺5寸9分(78.5cm)反りの高い重い刀(1.6キロ)です。(下の動画で使っているのがその刀です。)

遠目に見ても規定とは大きく外れた刀です。

下の動画を見ていただくと、刀に興味ある方は分かるかもしれません。

刀屋さんにこの刀を持ち込んだ時にも、その刀屋さんが「今までに重い刀を沢山見て来たけど、こんな重い刀見たことがないですよ!ましてやこんな重い刀で居合出来る人はいないですよ~」と話されていたくらい重い刀です。

問題だらけだったんですね~風雲児だからしょうがないか!

佐川博男先師もそういう変な全剣連の規定、風習は意味がないとよくおっしゃられていました。

審査後に稽古に行って時に佐川博男先師が「豊さん普通の刀もってたよな~?今度その刀もっておいで!」と話されたので、次に稽古に行った時に前に使っていた普通の刀をもっていきました。

そして稽古をしていると、佐川博男先師が「ん~?それ軽い刀か?」と・・・「貸してくれる?」と、そして手渡すと佐川博男先師がその刀を振り始めた。

「ん~やっぱり豊さんみたいな人を名人というんだろ!軽い刀を重く振り、あの誰も振ることが出来ない重い刀を軽く振るんだから!!これが分からないかな~だから全剣連の審査はだめなんだよな~ん~ありがとう!」と話され刀を手渡して頂きました。

いや~うれしかったですね!~居合の名人 佐川博男範士9段にお褒めをいただくなんて!

佐川博男先師は戦争に行かれているので、刀の実践性をよく知っているので、学研から依頼され、歴史群像シリーズ31「血誠 新選組」に刀について掲載されています。

天真流兵法 護身術合気道源心会は刀の実践性についても学ぶことが出来るので、刀に興味のある方、最近は刀好きの女性も多いようですから、そういう方にも楽しく稽古出来ると思います。

居合の名人 佐川博男範士9段の演武です。

 

天地人陰陽霊気の和合を会得。 中野区野方の東西医学を超えた神秘の技術、豊崎整体院です。 海外、地方からも来院、オンリーワンの技術、フェイシャルエステも効果抜群。  日本伝統芸能、武道の秘伝奥義を伝授 天真流兵法 護身術合気道源心会 創始 豊崎円空就保。

風雲児ダルマ仙人 豊崎円空就保のブログ

東西医学を超えた技術 豊崎整体院
天真流兵法 護身術合気道源心会 

■豊崎円空就保監修、出演のDVD販売
植芝盛平 合気道の真理
有川定輝 合気道の真髄
植芝盛平 合気道の奥義

協賛
格闘技と武道の画像ソフト株式売社クエスト
求道文化を追求する会アストックサロン
和の薫る楽器店ハナムラ楽器
丹田呼吸法から日本を考える養根塾
不動産における資産形成株式会社イストプランナーズ