enku & 侍’s 「師」(この音霊には阿弥陀三尊、普賢菩薩、弘法大師空海、蓮如上人の功徳があります。)

信仰する対象がありますか?

日本人は戦後、信仰というものを捨ててしまったのかもしれませんね。

やはりGHQは信仰、祈りの強さを知っていたので、我々に信仰心を捨てさせたのだと思います。

日本は神仏習合という伝統で長い間続いてきました。

我々は昔から神の子孫として生き続けてきました。

そして、仏教でも歌があるように「我らは仏のこどもなり~♬」から始まるんですが、仏の子供でもあるわけです。

戦前はこのように、国民がみんな信仰心があり、自然に宇宙や大自然、ご先祖様に感謝の気持ちをこめて手を合わせていたのでしょう!

この信仰、祈りの力によって日本国民が一丸となって大国アメリカに戦争を続けることが出来たのだとGHQは思っていたのでしょう。

GHQはこの信仰や祈りの強さ、そして日本が保ってきた伝統的精神、魂、霊性を恐れたのでしょうね。

太平洋戦争でこんな小さな国が大国アメリカを苦戦させたのですから、戦後またその精神性が復活することを恐れたので信仰を捨てさせるようにしてきたのでしょう!

日本伝統文化、日本伝統芸能、日本武道を研究していくと、やはり信仰、宗教にたどり着きました。

人間は誰でも、やはり死にたくないもです。

武道、武術は生き残るための方法です。

ですから戦国時代でも武将たちは沢山の神仏に祈りを捧げ、自分の身、領民の命が助かるように手を合わせていました。

風習の中で、心から御恩を受けた主君の死に準じて追い腹、つまり切腹をして主君と共に自らの命を絶つことあったようですが、とにかく生き延びる、生き残ることが武道、武術の本質です。

そして常に戦によって死ということを感じて生きているのですから、生き残る為にはに敵を殺傷しなければならないこともあったでしょう、これは戦いがない国に生まれた私たちには計り知れないストレスでしょう!

生き残る為には敵をも殺傷しなければならい、その殺傷した怨念、恨みから逃れたい、鎮めたいとい気持ちはもっていたでしょう。

だから信仰、宗教に救いを求めたのだと思います。

現在に置き換えて考えてみると、ビジネスにおいても生き残る為に誰かを犠牲にしているかもしれませんね。

だから今でも信仰、祈りは必要なことなのではないでしょうか!

忘れ、捨てさせられた信仰心、宗教観を取り戻さなければいけないのではないでしょうか!

神棚、仏壇がなくても宇宙や自然の恵み、大祖先、両親へ、支えてくれた周りの人たちへ感謝して手を合わせることが重要です。

宗教、宗派を問わず祈る力、感謝をすることは大切です。

令和に変わる今だからこそ考え直す良い機会だと思います。

日本人たる日本、日本たる日本人を取り戻しましょう。

天真流兵法 護身術合気道源心会では、神社での正し参拝が身につくようにしています。

神社で参拝されている方を見ていると、正しく参拝されている方少ないです。

自然と伝統性、精神を身につける為には、武道はとても役に立つと思います。

 

有川定輝顕彰シリーズ3 「植芝盛平 合気道の奥義」(豊崎円空就保 監修、出演)

 

 

天地人陰陽霊気の和合を会得。 中野区野方の東西医学を超えた神秘の技術、豊崎整体院です。 海外、地方からも来院、オンリーワンの技術、フェイシャルエステも効果抜群。  日本伝統芸能、武道の秘伝奥義を伝授 天真流兵法 護身術合気道源心会 創始 豊崎円空就保。

風雲児ダルマ仙人 豊崎円空就保のブログ

東西医学を超えた技術 豊崎整体院
天真流兵法 護身術合気道源心会 

■豊崎円空就保監修、出演のDVD販売
植芝盛平 合気道の真理
有川定輝 合気道の真髄
植芝盛平 合気道の奥義

協賛
格闘技と武道の画像ソフト株式売社クエスト
求道文化を追求する会アストックサロン
和の薫る楽器店ハナムラ楽器
丹田呼吸法から日本を考える養根塾
不動産における資産形成株式会社イストプランナーズ