enku & 侍’S 「師」(この音霊には阿弥陀三尊、普賢菩薩、弘法大師空海、蓮如上人の功徳があります。)

令和元年最初のアストックサロン5月17日(金)は私、風雲児 豊崎円空就保が講師です。

令和という時代の幕開けにはふさわし題名です。

1971年 昭和45年の6歳の時に合気道を始めました。物心つく以前から父親に相撲で鍛えられ武道の基礎をつくりました。

いつの間にか合気道を始めてから50年近くになってしまいました。

現在は合気道を離れ、合気道を中心に色々な武道を習合して天真流兵法 護身術合気道源心会を創始しました。

やはり合気道開祖 植芝盛平先生は私の憧れでした。

そして9歳ごろから合気道開祖 植芝盛平先生とはどんな人だったのだろう、合気道のルーツとはなんだろう、どんな武道を習って合気道を創始したのだろう、合気道、「氣」とはなんだろうと思い始め、合気道の稽古を続けながら色々な武道を研究し始めました。

「円空創始の今昔物語」のなかでも書いていますが、子供の頃から沢山の合気道の指導者たちに激しく稽古をつけられ、顎の骨を折られたり頭から畳に叩きつけられ頸椎損傷させられたりして、体を沢山壊しながらも武道への求道心を変えることなく生きてきました。

両親や親せきから聞くと、私が生まれる以前から合気道、武道には縁があったようです。

京都の眞名井神社で緑龍にいざなわれ開眼し、京都 鞍馬寺では毘沙門天の使である大きなムカデに迎えられ武道の神様 鬼一法眼の息吹を感じました。

そして合気道開祖 植芝盛平先生も黄金体となり武道を開眼したとはなされていました。

私が長年研究してきた、一般には語られなかった植芝盛平先生を発表しながら、なぜ一代でここまで合気道が発展してきたのか、植芝盛平先生の謎の「氣」の世界に迫りたいと思います。

これはビジネスにもつながることでしょう。

日本伝統文化、日本伝統芸能、日本武道が花開く時代、今まで隠されたものが花開く時代、これが令和だと予言されてい方もいます。

これは令和の時代をどう生き抜くかというヒントになります。

武道という枠にとどまらない話を展開します。

日時: 2019年 5月17日 金曜日 午後6時50分~8時50分

会場: 千駄ヶ谷区民館 ☎ 03-3402-7854  地図

     渋谷区神宮前1-1-10

交通: JR原宿駅 竹下口 下車徒歩8分

     地下鉄副都心線 北参道駅 下車徒歩5分

会費: 1.000円

主催: アストックサロン 

連絡先: 井上敬康 080-1220-7400

天地人陰陽霊気の和合を会得。 中野区野方の東西医学を超えた神秘の技術、豊崎整体院です。 海外、地方からも来院、オンリーワンの技術、フェイシャルエステも効果抜群。  日本武道の秘伝奥義を伝授 天真流兵法 護身術合気道源心会 創始 豊崎円空就保。

風雲児ダルマ仙人 豊崎円空就保のブログ

東西医学を超えた技術 豊崎整体院
天真流兵法 護身術合気道源心会 

■豊崎円空就保監修、出演のDVD販売
植芝盛平 合気道の真理
有川定輝 合気道の真髄
植芝盛平 合気道の奥義

協賛
格闘技と武道の画像ソフト株式売社クエスト
求道文化を追求する会アストックサロン
和の薫る楽器店ハナムラ楽器
丹田呼吸法から日本を考える養根塾
不動産における資産形成株式会社イストプランナーズ